第三文明社

全ての書籍

鳩摩羅什

仏法流布の勇者たち(4)

田丸ようすけ

DBコミックス

西暦350年頃、インドの貴族を父に、亀茲(きじ=クチャ)国の王の妹を母として生まれた訳経僧・鳩摩羅什(くまらじゅう=クマーラジーヴァ・羅什三蔵)の生涯を描く。彼は9歳の時、当時の仏教の中心地・罽賓(けいひん)国に留学し小乗経(部派仏教)を学ぶが、帰国の途中、法華経を授かる。その後、401年に後秦国の姚興(ようこう)王に迎えられて長安に入り、亡くなるまでの10年ほどの間に、74部384巻にのぼる仏典を漢訳し、その訳業は「絶後光前」と讃えられたという。

鳩摩羅什
電子書籍
参考価格:
400円(税別、本体価格)
発売日:
2020年7月31日

【目次】
第1章 誕生
第2章 神童
第3章 破戒
第4章 戦乱
第5章 訳経
解説

【著者プロフィール】
田丸ようすけ(たまる・ようすけ)
1941年、岩手県宮古市生まれ。70年、東映動画入社。講談社新人漫画賞に入選し、本格的に漫画を描き始める。86年、料理漫画「七色かぼちゃ」(週刊プレイボーイ)で新境地開く。代表作に、「地価革命」「ジャパン・シンドローム」。

同著者