第三文明社

全ての書籍

創価学会の思想的研究[下巻]

人権・共生 編

松岡幹夫

創価思想の独自性を解き明かす論考集。下巻は「仏法と人権」「共生へのアプローチ」をテーマに、対立や差別、環境破壊や災害といった現代の問題群に、創価思想がどう向き合っているのかを論じる。
この書籍はまだ販売されていません。2020年12月10日発売予定です。販売サイトによっては、購入の予約ができます。

創価学会の思想的研究[下巻]
書籍
定価:
1,600円(税別、本体価格)
ISBN:
978-4-476-06240-3
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
312ページ
発刊日:
2020年12月10日
在庫状況:
在庫あり

【目次】

第三部 仏法と人権

第10章 仏教の人間観──創価思想の視点から
第11章 池田大作の人権思想──理性から智慧へ
第12章 『善の研究』とディープ・エコロジー──宇宙論的ヒューマニズムの探求

第四部 共生へのアプローチ

第13章 エコソフィーと仏教の智慧
第14章 日蓮の国家観と政治的志向に関する宗教哲学的考察
第15章 日蓮思想と震災復興
第16章 生活者の共生思想──牧口常三郎の思想を通じて

あとがき


【著者プロフィール】

松岡幹夫(まつおか・みきお) 1962年、長崎県生まれ。創学研究所所長・東日本国際大学教授。創価大学教育学部卒。東京大学大学院総合文化研究科・博士課程修了。博士(学術・東京大学)。86年、静岡県の日蓮正宗大石寺で得度し僧侶となり、雄茂と号した。92年、大石寺を離れ青年僧侶改革同盟を結成。その後、日蓮研究者としても活躍。著書に『平和をつくる宗教』(第三文明社)、『日蓮仏教の社会思想的展開』(東京大学出版会)、『現代思想としての日蓮』(長崎出版)、『法華経の社会哲学』(論創社)、佐藤優との対談『創価学会を語る』(第三文明社)、『超訳 日蓮のことば』(柏書房)、『宮沢賢治と法華経』(昌平黌出版会)、『新版・日蓮仏法と池田大作の思想』(第三文明社)などがある。

同著者関連本