第三文明社

書籍

マハーバーラタ(上)

マハーバーラタ(上)

第三文明選書

C・ラージャーゴーパーラーチャリ 著
奈良毅・田中嫺玉 訳

定価:
2,000円(税別)
ISBN:
978-4-476-18009-1
体裁:
新書判ハードカバー
ページ数:
336ページ
発刊日:
2017年7月20日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

世界最大の叙事詩が、古代インドより甦る。英語で平易に語り直された107の物語が描くバーラタ王朝の争い。数奇な運命の下に生まれた同族の2家族、パーンドゥ家とクル家。パーンドゥ家の兄弟は、骰子勝負でクル家の兄弟に敗れ、13年間国外追放の憂き目にあう。(レグルス文庫版をハードカバーの第三文明選書として復刊)




【目次】

訳者まえがき
日本の読者に寄せて
初版への序

筆記者としてのガナパティ
第1章 デーヴァヴラタ
第2章 ビーシュマの誓い
第3章 アンバーとビーシュマ
第4章 デーヴァヤーニーとカチャ
第5章 デーヴァヤーニーの結婚
第6章 ヤヤーティ
第7章 ヴィドゥラ
第8章 クンティー姫
第9章 パーンドゥ王の死
第10章 ビーマ
第11章 カルナ
第12章 ドローナ
第13章 蠟宮殿
第14章 パーンドゥ一家の避難
第15章 バカースラの殺害
第16章 ドラウパディーの花婿選び
第17章 インドラプラスタ
第18章 サーランガ鳥
第19章 ジャラーサンダ
第20章 ジャラーサンダの殺害
第21章 最初の栄誉礼
第22章 シャクニの介入
第23章 招待
第24章 賭事
第25章 ドラウパディーの悲嘆
第26章 ドリタラーシュトラの不安
第27章 クリシュナの誓い
第28章 パーシュパタ
第29章 不幸は昔よりありしもの
第30章 アガステャ
第31章 リッシャシュリンガ



【著者プロフィール】

チャクラヴァルティ・ラージャーゴーパーラーチャリ(Chakravarti Rajagopalachari)

1878~1972。英領インド時代のマドラス州(現タミルナドゥ州)生まれ。政治家、独立運動家、弁護士、作家。インド独立後、最後のインド連邦総督を務めた。


奈良 毅(なら・つよし)

1932~2014。秋田県秋田市生まれ。東京外国語大学名誉教授。東京大学大学院言語学科修士課程修了。カルカッタ大学比較言語学科博士課程修了、同大学Ph.D。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、清泉女子大学教授等を歴任。著書に『ベンガル語会話練習帳』他。訳書に『不滅の言葉』(共訳)他。『タゴール著作集』の訳者の1人を務める。


田中嫺玉(たなか・かんぎょく、かんは正しくは女へん+間)

1925~2011。北海道旭川市生まれ。日本女子大学家政科中退。『不滅の言葉』(共訳)、『神の詩─バガヴァッド・ギーター』等の翻訳者。著者に『インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯』がある。