完本 若き日の読書
池田大作 著
池田大作
完本 若き日の読書

「若い人たちには、さらに多くの書物を読んでいただきたい。

――そうした願いをこめて、あえて私の読書記録を公にした」

(正編「はしがき」より)

『若き日の読書』
『続若き日の読書』

『若き日の読書』
若き日の読書』を
一冊に収録!

『第三文明』(昭和39年)に連載された「読書ノート」(名著の抜き書き)を収録

さらに未発表の「読書ノート」の原稿16枚も特別収録(一部、巻頭カラー口絵)

若き池田先生の青春時代の獅子奮迅の闘争と、その思索の跡を“追体験”できる必読の一書

発売日:2023年1月20日/1,500円(税込)/552ページ

発売日:2023年1月20日
1,500円(税込)/ 552ページ

完本 若き日の読書

著者自らの読書体験と恩師から受けた薫陶などを綴る青春の一書。正編・続編合わせ累計31万部のロングセラーである『若き日の読書』(1978年刊行)と『続 若き日の読書』(1993年刊行)を完全収録し、「完本」として復刊する。また、著者が若き日に読んだ本から感銘を受けた文章を書き写した「読書ノート」も特別収録(1964年に月刊誌『第三文明』で掲載された内容に加え、未公表原稿も収録)。

佐藤優

創価学会が世界宗教に発展する
源泉が『若き日の読書』にある。 人類の叡智の遺産を踏まえた
池田思想の形成過程がわかる。

佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

佐藤優

創価学会が世界宗教に発展する源泉が『若き日の読書』にある。
人類の叡智の遺産を踏まえた池田思想の形成過程がわかる。

佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

目 次

はしがき

少壮時代の生き方

国木田独歩『欺かざるの記』

宇宙生命との対話

徳冨健次郎『自然と人生』

天才詩人の光と影

石川啄木『一握の砂』

青春のロマンと友情

ヘルダーリン『ヒュペーリオン』

百年の後に知己を待つ

勝海舟『氷川清話』『海舟座談』

天下の大事を担うもの

山田済斎編『西郷南洲遺訓』

運命的な師との出会い

内村鑑三『代表的日本人』

現代を超越する精神

高山林次郎『樗牛全集』

教育に賭ける情熱

ペスタロッチ『隠者の夕暮・シュタンツだより』

人間共和の旗を掲げて

ホール・ケイン『永遠の都』

思想・人物・時代を読む

尾崎士郎『風霜』

貧しい人びとへの共鳴

ユゴー『レ・ミゼラブル』

織りなす人物の長篇詩

吉川英治『三国志』

自然こそ最良の教師

ルソー『エミール』

信念に生きる青年のドラマ

デュマ『モンテ・クリスト伯』

大いなる運命への挑戦

デフォー『ロビンソン・クルーソー』

時代を変えた民衆の風

サバチニ『スカラムーシュ』

古代都市の栄光と悲劇

リットン『ポンペイ最後の日』

人間の魂に触れる詩

ホイットマン『草の葉』

ルネサンスへの讃歌

ダンテ『神曲』

独立自尊の意気高く

福沢諭吉『学問のすゝめ』『福翁自伝』

革命と良心の葛藤劇

ユゴー『九十三年』

豊かな人間学の宝庫

司馬遷『史記』

虹を追い求めた革命児

鶴見祐輔『ナポレオン』

「魂の自由」への烽火

ルソー『社会契約論』

青春の混沌をこえて

ゲーテ『若きウェルテルの悩み』

「民衆の時代」への曙光

魯迅『阿Q正伝』

人間の大地に魂の雄叫び

ゴーゴリ『隊長ブーリバ』

あくなき魂の希求

パスカル『パンセ』

自由なる精神の輝き

バイロン『バイロン詩集』

「科学と人間」の新しき地平線

サートン『科学史と新ヒューマニズム』

「最極の宮殿」はわが胸中に

ミルトン『失楽園』

民衆に愛された哲人

エマソン『エマソン論文集』

「人間復興のエートス」を求めて

マックス・ウェーバー『宗教社会学論集』

「権威への信仰」を打ち砕く革命

イプセン『人形の家』

偉大なる魂の継承劇

プラトン『ソクラテスの弁明』

注 解
特別収録 「読書ノート」

著者プロフィール

池田大作(いけだ・だいさく)

1928年、東京都生まれ。創価学会名誉会長/創価学会インタナショナル(SGI)会長。創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所、池田国際対話センターなどを創立。『人間革命』(全12巻)、『新・人間革命』(全30巻)など著書多数。世界の識者と対話を重ね、『二十一世紀への対話』(A.J.トインビー)、『二十世紀の精神の教訓』(M.S.ゴルバチョフ)、『地球平和への探究』(J.ロートブラット)など多くの対談集を刊行。

著者プロフィール

池田大作(いけだ・だいさく)

1928年、東京都生まれ。創価学会名誉会長/創価学会インタナショナル(SGI)会長。創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所、池田国際対話センターなどを創立。『人間革命』(全12巻)、『新・人間革命』(全30巻)など著書多数。世界の識者と対話を重ね、『二十一世紀への対話』(A.J.トインビー)、『二十世紀の精神の教訓』(M.S.ゴルバチョフ)、『地球平和への探究』(J.ロートブラット)など多くの対談集を刊行。

紙版の主な購入サイト

電子版の主な購入サイト

Copyright (c) Daisanbunmei-sha INC. All rights reserved.