第三文明社

全ての書籍

大切な青年(きみ)と

──未来につなぐナガサキの声

創価学会長崎青年平和委員会・女性平和文化会議 編

長崎への原爆投下から75年──「あの日」から未来へとつないでいく新たな被爆証言集。長崎の中高生が、7人の証言者に聞き取りを行い、取材後記もつづった。有識者へのインタビュー記事のほか、長崎の被爆遺構等を紹介する付録「被爆遺構めぐりのすすめ」など、〝学べる〟コンテンツも多数収録。

大切な青年(きみ)と
書籍
定価:
1,091円(税別、本体価格)
ISBN:
978-4-476-06243-4
体裁:
A5判ソフトカバー
ページ数:
152ページ
発刊日:
2020年11月27日
在庫状況:
在庫あり

【目次】

発刊にあたって

プロローグ

第1章 証言──平和への祈り

 毎晩のように見る母の夢
 〝母ちゃん、どこにおると〟
 牟田満子

 生き残った同級生は14人。
 命ある限り語り継ぐ
 森本正記

 語り部として「平和」訴え続ける
 〝自分の心を大きくする大切さ〟
 浦邊弘子

 妹の青春を奪った原爆
 〝何年も、何年も、苦しみは続く〟
 髙村剛

 〝原爆のせいかも〟と
 思わずにいられない
 松本初美

 父から娘へ被爆体験を継承
 〝原爆は過去ではなく現実にあるもの〟
 木村光盛・靖子

 被爆二世の使命に生きる。
 強き母の姿が背中を押してくれる
 平野大壽

 [コラム]戦時中の日常生活について

第2章 未来への継承を考える

 核問題を「自分事」として捉える
 被爆地の声、上げ続けることが大事
 吉田文彦(長崎大学核兵器廃絶研究センター長)

 私にとっての継承のあり方①
 私にとっての継承のあり方②

第3章 核のない世界を目指して

 望まれない兵器の誕生
 世界終末時計が示す現実
 いまだ世界に存在する核兵器
 ビキニ環礁の悲劇
 核兵器廃絶を選択した国
 75年使えなかった重み
 禁止条約の意義
 「核兵器=悪」の烙印を
 核兵器なき社会を

エピローグ

ふろく 被爆遺構めぐりのすすめ

参考文献等一覧