第三文明社

全ての書籍

共存と福祉の平和学

──戦争原因と貧困・格差

岩木秀樹

社会変革をめざす「幸福平和学」の試み──。「直接的暴力」としての戦争、「構造的暴力」としての貧困・格差問題、その原因をさぐり、解決への方途を提起する。第1部では、人類史の中の暴力の起源を探り、国民国家の成立との関係や経済的要因について考察する。第2部では、貧困・格差の現状と課題を確認し、解決のための政策を検討するとともに、新しい思考と幸福観の構築を目指す。

共存と福祉の平和学
書籍
定価:
1,600円(税別、本体価格)
ISBN:
978-4-476-03395-3
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
224ページ
発刊日:
2020年8月11日
在庫状況:
在庫あり
電子書籍
参考価格:
1,200円(税別、本体価格)
発売日:
2020年8月11日

【目次】
はしがき

第1部 戦争の原因──直接的暴力と共存

 第1章 人類史の中の暴力の起源
 第2章 狩猟採集から農耕牧畜へ
 第3章 国家及び国民国家の成立
 第4章 経済的要因と非暴力

第2部 貧困・格差の問題──構造的暴力と福祉

 第5章 現在の貧困・格差の状況と課題
 第6章 貧困・格差の解決への方途
 第7章 貧困・格差の解決への政策
 第8章 コスモポリタニズムの可能性

終章 転換期の現在──新しい思考と幸福


【著者プロフィール】
岩木秀樹(いわき・ひでき) 1968年、兵庫県尼崎市生まれ。創価大学大学院博士後期課程修了。博士(社会学)。専門は、平和学、国際関係論、中東イスラーム学。創価大学非常勤講師を務める。著者に『戦争と平和の国際関係学──地球宇宙平和学入門』『中東イスラームの歴史と現在──平和と共存をめざして』がある。

同著者関連本