第三文明社

全ての書籍

評伝 戸田城聖(上)

創価教育の源流 第二部

「創価教育の源流」編纂委員会 編

教育界・実業界に風雲を巻き起こし、師弟に殉じた戸田城聖・創価学会第二代会長の半生──少年期・青年期に始まり、牧口常三郎との出会いから別れまでの事績を、数々の資料を読み解き綴る。月刊『第三文明』の好評連載、待望の続刊。

評伝 戸田城聖(上)
書籍
定価:
1,600円(税別、本体価格)
ISBN:
978-4-476-03386-1
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
472ページ
発刊日:
2019年12月6日
在庫状況:
在庫あり

【目次】

はじめに

第1章 志を抱いて
 1 二つの故郷―塩屋と厚田―
 2 少年を育んだ厚田の人々
 3 札幌における〝奮闘〟の三年間
 4 真谷地小学校の青年教師
 〔コラム〕小・中学校への図書贈呈

第2章 働きながら学ぶ
 1 大いなる希望
 2 東京での日々
 3 牧口常三郎の眼差し
 4 すべての子どもを〝優等〟に
 〔コラム〕友よ強く雄々しく立てよ

第3章 創価教育学会の創立
 1 『創価教育学体系』を出版
 2 たび重なる苦難を乗り越えて
 3 教育出版事業に取り組む
 4 〝教育革命〟と〝宗教革命〟
 5 牧口常三郎の構想
 〔コラム〕創価三代の縁
 
第4章 国家権力による弾圧
 1 戦時体制下における学習雑誌の刊行
 2 大衆小説を出版
 3 太平洋戦争最中の宗教活動
 4 獄舎の日々
 〔コラム〕師の愛に報ゆるの道