第三文明社

全ての書籍

こころの傷が治った

カウンセリングの現場から

織田尚生・網谷由香利共著

不登校、家庭内暴力、選択性緘黙、注意欠陥・多動性障害、自閉的傾向、ひきこもりなど、傷ついた子どものこころの叫びを全身で受け止め、ともに勝ち越えたカウンセラーの記録。

こころの傷が治った
書籍
定価:
1,200円(税別、本体価格)
ISBN:
978-4-476-03258-1
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
192ページ
発刊日:
2003年12月8日
在庫状況:
在庫あり



【目次】
子どものこころはどうしたら癒されるのか
 ――カウンセリングの現場からの報告
この本を読んでくださる方のために 

1 ぼくのこころは内戦状態だった 
2 子どもの大変な状態に、命をかけて取り組んだ両親  
3 お母さんが癒されたら、子どもも家族も変わった  
4 誰もわたしを助けてくれなかった  
5 娘に嫉妬して虐待したお母さん  
6 ぼくは、自分だけの世界に閉じこもっていた  
7 感情のない笑顔は、深く傷ついたため  
8 傷つきをわかってもらうことによって癒される  
9 息子のこころに受けた深い傷を理解できなかったお母さん  
10 「子どもにわかってほしい」から「子どものこころがわかりたい」へ  
11 母親のこころの傷が癒やされて、娘も癒され、家族も変わった  
12 「つらくてつらくて仕方がない」その気持ちを誰にも話せなかった  
13 周りから理解されないことで傷つき、苦しむ、こころを癒す  
14 恐怖と怒りが渦巻く、母親のこころを癒す  
15 学校では話せなくて不登校になった女の子  
16 お母さんがこころを開けば、子どもの「こころの声」が聞こえる  
17 傷ついたこころに寄り添って、こころの扉を開く  
18 「なんでぼくを、こんな体に産んだんだ」

著者関連書籍