第三文明社

書籍

月刊「第三文明」

月刊「第三文明」

2014年2月号

「第三文明」編集部

定価:
476円(税別)
JAN:
4910060250245
体裁:
B5判
ページ数:
114ページ
発刊日:
2013年12月28日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

「第三文明」2月号は好評発売中です。

【目次】

特別企画 2014 日本の展望

■社会保障改革こそ最大の政治課題
北海道大学大学院准教授 吉田 徹

■景気回復を実感する年に カギ握る成長戦略の成否
明治大学准教授 飯田泰之

■「子ども・子育て支援新制度」「女性活用」「若者支援」に刮目せよ
認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

■日本再生の力は成熟したインターネット文化にある
評論家 宇野常寛

■日本は環太平洋地域の「バランサー」たれ
九州大学名誉教授 藪野祐三

■ジョブ型雇用の活用で若者の暮らしを安定させる
東京大学教授 本田由紀

■軽減税率導入の必要性と改正介護保険制度の問題点
淑徳大学教授 結城康博

■「四日市学」で伝える環境教育
三重大学理事/副学長 朴 恵淑


シリーズ 震災からの歩み(30)

◆東日本大震災1000日 追悼の灯り

◆福島第一原発観光地化計画の真意
東 浩紀



特集 地域の活力

◆グラビア 活性化する地域を歩く
◆白川村 踊り街道フェスティバル開催
◆八戸ポータルミュージアム はっち
◆住民・企業・行政を結んだ強い地元愛――門司港レトロ地区



【インタビュー】
◆困難に立ち向かう主人公に自分を重ねてほしい
映画『プレーンズ』プロデューサー トレイシー・バルサザール=フリン,p.g.a.

◆うつ病になってわかったこと
元日本テレビニュースキャスター 丸岡いずみ

◆モンゴル国 人文大学チョローンドルジ学長、モンゴル日本友好協会ダシプレブ会長に聞く
「池田先生は、モンゴルと日本を結ぶ文化の架け橋を築いてこられました」


【単発企画】

◆新春座談会
日本・韓国・中国のこれからを語る
脳学者 茂木健一郎
現代美術家 宮島達男
明治大学法学部助教 金惠京
日本学術振興会特別研究員 三浦瑠麗

◆第三文明講演会
「中国と日本のあいだで」
甲南大学教授 胡金定

◆寄稿
今、なぜ「ナショナリズムの復権」なのか
東日本国際大学准教授 先崎彰容

◆特別寄稿
「子どもの貧困」を考える 最終回「地方行政における貧困施策の具体的な展開」
武田朋久/土屋伸雄

◆topic
人を軸にした福祉施設片山工房が10周年の節目


【連載】

◆政治を考えるキーワード その⑩「公共」
山口二郎

◆創価教育の源流
第1部 牧口常三郎 第14回 『創価教育学体系』とその反響

◆二宮清純presents 対論・勝利学
第50回 リングでの闘いは、「生きる」ことの表現
元プロレスラー 小橋建太

◆作家・雨宮処凛が見る世界 
第25回  ひとつの問題からこの国の制度の欠陥が浮き彫りに

◆世界の大作家 第14回 
アーネスト・M・ヘミングウェイ

◆笑顔の世界へ アグネス・チャン

◆本質に迫る! ニュース解説 柳瀬光一

◆来栖未来矢 漫画「トゥープゥートゥー」 
第20話 トゥープゥートゥーの遠い記憶

◆書評+本紹介



[Reflexion]
◆ラッドウィンプス久々の新作は捨て曲なしの会心作

◆子どもも大人も傷ついている『メイジーの瞳』他

◆ブラック企業対策プロジェクトが発足


【特別付録】
仏法対話のすすめ Ver.2